ホーム > 2017年度

農林水産業の六次産業化プロジェクトセンターがアグリビジネス創出フェア2017に出展しました 平成29年10月4日~6日

平成29年10月4日(水)から6日(金)、農林水産省主催による「アグリビジネス創出フェア2017」が東京ビッグサイトで開催されました。本フェアは、産学における各機関が農林水産・食品分野に関する最新の技術を持ち寄りそれぞれのブースにおいて展示を行い、交流することを通じて新たなビジネスの可能性を創出するための技術交流・展示会です。2013年度より毎年、農林水産業の六次産業化プロジェクトセンターとして出展しており、今年で5回目の出展となります。

出展したブースでは、島根大学の保有する食品シーズや、六次産業化商品として、エゴマ関連商品、加圧玄米関連商品、島根大学発ベンチャー「農の郷」の紹介とアイメックトマトを使った加工品、シャインマスカットワイン、島根大学と共同開発した各種乾燥果実、出雲おろち大根およびそれを用いたドレッシング、島根大学で栽培したさつまいもを使用した焼酎「神在の里」、西条柿を使用した二日酔い防止効果がある清涼飲料水「晩夕飲力」等を紹介しました。トマトジュース、ワイン、乾燥果実等の試飲・試食、加圧玄米を使用したクッキーやマドレーヌの試食品配布も行い、3日間に渡ってブースは多くの方で賑わいました。

また、本フェアの出展者プレゼンテーションにて、センター長の松本敏一教授が「島根大学発ベンチャー『農の郷』によるアイメックトマト栽培と加工品開発」というテーマでセミナーを行いました。島根県における六次産業化の取り組みも含めて、来場者には大変興味を持っていただきました。

農林水産業の六次産業化プロジェクトセンターでは、本フェアでいただいた貴重なご意見やアドバイスを活かし、産学官連携による六次産業化産品の開発や販売促進に向けて、今後も様々な活動を行って農林水産業の六次産業化を積極的にサポートしていく予定です。

 

アグリ1 アグリ2

 

 

  • すべて
  • セミナー
  • 発表会
  • イベント
    PR活動