ホーム > 2017年度

浜田市・島根大学生物資源科学部連携企画「人材育成講座」にて講演を行いました 平成30年3月16日

平成30316()、浜田市役所において、「人材育成講座」が開催され、農林水産業の六次産業化プロジェクトセンターから、松本敏一教授、井上憲一教授、保永展利講師、高田晋史助教が講演を行いました。生産者や市民、浜田市関係者を含め約40名の参加者がありました。

報告会は、浜田市から主催者として産業振興課の竹中博文課長の挨拶に続いて、高田晋史助教による「農産物、加工品のマーケティングについて」の演題で30分間の基調講演があり、経験を交えた内容に質問も多く、関心の深さがうかがえました。続いて、2つの分科会に分かれ、西条柿分科会では「浜田で問題の脱渋柿の渋残りの原因」(松本教授)、「六次産業化に取り組む農業経営の特徴」(井上教授)、トマト分科会では「有機栽培加工用トマトの生産性向上」(太田教授)、「都市住民によるトマトジュースの消費者傾向」(保永講師)の講演があり、コメンテーターとして渋谷知暉助教と池浦博美准教授もそれぞれの分科会に加わり、いずれも熱心な質疑応答となりました。

浜田市と島根大学生物資源科学部は平成2210月に包括的連携協定を締結し、人材育成や農林水産業の振興、地域資源の活用等の分野で連携を進めており、今後の共同研究と講座の継続に期待がかかっています。(写真は講座の様子)

 

浜田1 浜田2

  • すべて
  • セミナー
  • 発表会
  • イベント
    PR活動